靴選びのチェックポイント

  • 1.トップラインが無理なく足にフィットしているか

    足にくっきりとラインが入っているとトップラインが足に食い込んでいる証拠。
    ゆるすぎずフィットすることが大切です。外くるぶしも靴にあたらないかチェックしてください。
    外くるぶしは、内くるぶしより低くなっています。
    くるぶしがトップラインに少しでもあたっていると、歩くたびだんだん痛くなります。

  • 2.甲が圧迫されていないか

    足の甲が圧迫されるとその部分が痛いだけでなく、足のアーチが伸び、
    歩くと足の裏に板を張ったようなツッパリ感が出ます。
    甲の低いパンプスや、ピッタリと甲を押さえつけすぎる靴は要注意です。
    逆に甲がダブダブの靴は、足が前にすべり指先を痛めます。

  • 3.親指の先には10mm程の捨て寸があるか

    靴のデザインや木型によって違うので、一概に言えませんが、指の先には10mm程度の空間が必要です。
    捨て寸が小さすぎると、指先が常に圧迫され痛みが生じたり、巻き爪の原因になったりします。
    逆に捨て寸が大きすぎてもとても歩きにくくなります。

  • 4.指が全部動くか

    指が全く動かずに、ぴったり締め付けられる感じの場合は要注意です。
    足先に無理なく力をいれられて、安定して歩ける状態がベストです。
    つま先がきついと、歩いているうちに足先が痛くなってしまいます。

  • 5.ヒールカーブが足に合っているか

    足のカカトのカーブと、靴のかかとのカーブがあっていないと、靴づれを起こしたり、靴がスポスポ脱げたりします。
    靴の方のカーブがきつすぎると、アキレス腱に食い込み、歩いているうちに痛くなってしまいます。
    靴を履いてみて、かかとの中央部から下が足にフィットし、押してみて隙間のないのがGood。

  • 6.土踏まずのラインが足に合っているか

    足は土踏まずのアーチによってバランスよく支えられていますが、このアーチが崩れると足に障害が出ます。
    普段長時間履く靴は、アーチを下からかっちりと支え、足が開くのを防ぐものがベストです。
    ただし、靴のアーチが高すぎると、足がしびれたり鈍痛が出たり、
    足が外側に傾きくるぶしや膝が痛くなったりします。

専門スタッフにご相談ください

  • c-styleでは、長年靴に携わったスタッフが
    靴選びのお手伝いをいたします。

    メーカーによっての靴の大小などを把握し、
    専門知識を持ったスタッフが、
    お客様に合うサイズ、形をアドバイスいたします。
    また、場合によっては幅出し機での調整なども行いますので、
    お気軽にご相談ください。